わくわくすることとイメージング

投稿日:

e7e556fee28f6057e65d4f1a6d1b0717_s

昨日は10年来の友人と会っていました。

気心が知れている者同士なので会話も弾み、途切れることがありません。時間が経つのを忘れてしまうほど楽しい時を過ごしました。

いろんな話題が出て笑ったり驚いたり、新しい情報が入ってきたりと、常にいい刺激を与えてくれます。

そのなかで改めて感じたのが、わくわくすることとイメージングの大切さです。

今の世の中、「わくわくする」っという言葉は溢れかえっていますよね。多くのメソッドも出回っている気がします。

「わくわくする」ってどうするの?と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、本当は無理に喚起するものではなくて、

自然と湧き上がってくるのではないかと思います。

無我夢中になって一つのことに没頭している時、私達は間違いなく「わくわく」しています。

「わくわく」の漢字ってどういう文字が充てられているのか分からないのですが、なんとなく「湧く」や「涌く」というイメージです。

自然と内側からとめどなく湧き(涌き)出してくる、とても強くて動的な感情だから「わくわく」なのかしら、と。

昔、のだめカンタービレの映画で蒼井優が「魂がおどるよ」というセリフを言ってたのですが、まさにそれ。

魂がおどっているから、じっとしていられないんです。だから「わくわく」して、いろいろイメージして行動しちゃう。

 

今回、私がわくわくしているのは部屋の模様替えです。

1年位かけて少しづつ模様替えを進めていたので「ほぼ完成かな~」と思っていたのですが、周波数が変わるともっと変えたくなりますね。

「こんな壁紙にして、照明はこうして・・・」とイメージングもはかどります。(笑)

そして、イメージングしたら行動せずにはいられないですね。だってそれを実現したいですもの。

もし「わくわくするしイメージングもできるけど、行動に移せない」と考えてしまう方がいらっしゃったら、一気に行動するのではなく、

少しでも出来ることから手をつけられるといいですよ。

 

どんな小さな一歩でも、行動するとしないとでは大きな違いがあるものです。

 

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です