黒のワードローブ、どのくらいありますか?

Posted

20代の頃、ワードローブは8割が黒でした。

その他はベージュ、グレイ、ネイビー等…まあ無難な配色でしたね。無地がほとんどでしたし。

いま自分のクローゼットを開けてみると、黒はインナーの一部を除いてほぼありません。少なくともここ10年はそんな感じです。

黒を好んで身に着けなくなったのは、当時ネットの記事で「黒は老化の色」というのを読んだからなのですね。

(トマトの実験で、詳細を知りたい方はググってみてください。)

それ以降ほとんど黒を着ないという単純さです(笑)。

色彩心理学でも黒についていろいろと述べられているので繰り返しませんが、自分を守るとともに他を遮断する色なのですよね。

恋愛を楽しみたい身としては、やはり黒以外の華やかで軽めな色がお勧めです。

ピンクお勧めなのですが、似合わないと敬遠される方もいますよね。

そういう方はパーソナルカラー診断を受けて、ご自分にあった色調を知るようにすれば良いのではないかな、と思います。

色とデザイン、流行ではなくて自分に似合う服を身に着けていれば自然と自信が出ますし、ふるまいも余裕のあるものになってきます。

見た目から自分らしくあるというのも、とても重要ですよね。

その状態って自然とキラキラしますし、輝いているあなたは、彼から見てもきっと素敵だと思います。

 

黒以外のワードローブ、ぜひ増やしてみてくださいね

 

※7/15付Lovely daysと同一の内容です。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です