抱き枕になってもらう


こういう構図、すごく可愛いですよね。

 

「何か楽しいことある?」「最近楽しかったことは?」と聞かれて、すぐに答えることが出来ますか?

「もちろんあるよ!」であれば、良かったです。

もっともっと楽しいことがやってくる気配がしますよね。

その一方で、「思いつかない」「全然ない」「分からない」etc…

こういった回答になる場合、ひょっとして疲れたりしていないでしょうか?

であれば、まずは出来る限り休息をとってくださいね。

肉体と精神、いずれも疲れを溜めても良いことはありませんから、気付いた時にこまめに解消していくのがいちばんです。

とくに精神は疲れやストレスが蓄積すると、一時的に感情まひの様になることがあるかもしれません。

この状態になると、今まで楽しかったはずのことがそう思えなくなったり、気付けなくなったり、さらには楽しくない物ばかりが目に入りやすくなります。

そういう状態で彼に合うことはお勧めしません。どうなるか想像がつきますよね?(笑)

こんな時だからこそ、どうしても彼に会いたい!というのであれば、「今こういう状態だけど会いたい」と伝えられるといいですよね。

「エネルギー補給だから、何も言わずに抱き枕になって」と言ったら喜んでましたよ、そういえば。

「抱き枕になってとお願いしたはずなのに自分が抱き枕」というオチがもれなくついてきますが、どんな状態でも伝え方次第だなぁと思いました。

抱き枕になってもなられても、そのちょっとした時間でリラックス出来たり、幸せな気分を味わえたら、それって楽しいことですよね?

 

感度が鈍っているだけで、楽しいことって実は周囲に溢れていると思います。

身近な楽しいことに少しづつでも気付けたらいいですよね。

 

※7/3付Lovely daysと同一の内容です。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です