積極的に待つ

投稿日:

先日、待つことについて書きました。

今回は積極的に待つことについて、もう少し書いてみようと思います。

まあ、要するに「幸運の女神の前髪をどう掴むか」という話になりますね。

 

よく聞く言い回しで、「勝負〇〇」というのがあります。

これって、普段はその勝負〇〇を使っていないということですよね。

よく、本番とかその時にはとか言ったりしますが、事前にその時が分かるならともかく、いざという時にはタイミングを逃してしまいますよね。

勝負服や勝負下着、勝負メイクがあるなら、毎日試してみてください。

それって、本当は自分の気分が上がるものですよね?

どうして、普段からその心地よさを味わってはいけないのでしょうか?

日本では「ハレとケ」という考え方がありますが、自分のなかの「ケ」はどんな感じでしょうか。

もし、「所詮はこの程度」という風に感じていたら、自らの世界を狭めているかもしれません。ハレとケの差を縮めていっても、いいのではないかと思います。

 

常に自分の心地よさを感じていると、いざという時に身軽に動ける気がします。

女神の前髪、ぜひ掴んでいきたいですよね。

 

※4/24付Lovely daysと同一の内容です。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です