ヘナしてみよう

投稿日:

e589f5ffd2807ea9c4eb634a3599e182_s

ヘナってご存知でしょうか?

美容室でも取り入れているところがありますから、わりと市民権を得ているのかなあと思います。

日本では白髪を染めたいけどヘアダイは嫌だという自然派の方が使い始めて広まった印象ですね。

美容室で染めてもらうのもいいですが、自分でヘナ染めしても楽しいですよ。

ヘナにお湯(60℃くらい)を注いでお好みの硬さのペースト状にし、それを髪に塗りこんでいきます。

ショートカットなら緩め、ロングなら固めが扱いやすいでしょう。私は固めにして手で塗っています。

ちょっとした泥遊びみたいで楽しいですし、その内ヘナがいろんなところについても気にならなくなります。

あ~適当でいいんだな~、気にしてもしょうがないよね~、そのうち消えるしいいか~、と。

ヘナを使っていると、そんな好い加減さが身についてくると思います(笑)

2~3時間くらいできれいに染まりますし、トリートメント効果があるので髪の毛の状態も良くなります。

とはいうものの、染まる色は赤茶~オレンジ系の色ですから、暗めに仕上げたい場合はインディゴを使うことになります。

そうすると結構暗めに染めることができますが、インディゴって刺激が結構強いんですよね。。。

インディゴは長時間に渡って頭に乗せるものではありませんが、それでも刺激が強すぎて使えなくなってしまうこともあります。

私の場合は刺激もさることながら、色落ちが面倒で重ね染めは早々に諦めました。

今はヘナだけを使用していますが、髪全体に使用しているせいか割と深い色に染まっていると思います。

 

ということで全体的にお勧めのヘナですが、初回~数回まではヘナ後の状態が良くないことが多いようです。

そこで推奨されているのが、最初の2~3回はヘナする間隔を短めにするというものです。

確かに回を重ねた方が状態は良くなりますから、最初のうちは我慢して続けていただければな、と思います。

あと、これはマイナスになるのか分からないのですが、パーマがかかりにくくなります。

ストレートでツヤツヤな髪も綺麗ですよ!

機会があれば、ぜひお試しくださいませ。

 

※ヘナは植物ですから、体質によってかゆみやかぶれが出るかもしれません。事前のパッチテストをお勧めします。

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です